SHITO HISAYO

aappare

日本の『着物』を世界の
ファッションにしたい

その思いからデザインされた
ブランドライン「AAPPARÉ」
「伝統」と「革新」が共存する、
新しい「ジャパンキモノ」の世界

“To tell the world how wonderful Japanese Kimono is”
SHITO HISAYO launches a fashion brand “AAPPARÉ”.
She proposes brand-new “JAPAN KIMONO”
to you through “AAPPARÉ”,
which consists of both traditional beauty
of Kimono and innovative design.

“着物回帰”の機運を盛り上げたい、
着物業界全体を活性化したい、こうした強い決意をもって、
2015年新ブランドライン
「AAPPARÉ」を発表。
静岡県浜松市で織った生地を日本で縫製し、
ニットも新潟県見附市で編んだものを使用することで、
正真正銘のメイド・イン・ジャパンを実現したのです。

レーディースのブランドサインである“おかめ”は、
「日本古来のいい女」を象徴しています。
おかめと対になる“ひょっとこ”が表しているのは、
「日本古来のいい男」。
「日本のいい男といい女」を世界に発信したいとの
強い思いから、ブランドサインを
“おかめ”と“ひょっとこ”に決めました。

シンプルなTシャツとレギンスに、袂のついた上衣や
ベルト、ウォーマーを重ね、その上にセーラーカラーの
ベストやエプロンドレス、ワンショルダーの
ジャンバースカートなどを、着る方のお好みで選べるように
なっています。何パターンものファションが楽しめます。

着用するアクセサリー類や帽子、たすきなどのニット類の
バリエーションはじつにさまざまあって充実していますが、
すべて斜めがけが原則。これは着物の上前のラインを意識
したデザインにしています。

大柄なチェック柄が目立つ大ぶりのストールに手を通した
デザイン。
コートのように着こなせます。

暖かそうな素材が優しい、かなり大きめのポンチョの
アウトポケットは取り外しも可能。
手袋としても使えます。

新しい「ジャパンキモノ」のあり方として、
従来の着物ならではのラインを生かし、日本独自の「造形美」
を継承していきたいのです。